第16回~30回卒団生(平成9年度~平成23年度) 第1回~15回卒団生(昭和57年度~平成8年度)

第31回以降(平成24年度~)

  • 第31回卒団生(平成24年度)

    6年生公式戦秋季大会で県南大会まであと一勝まで勝ち進んだ技術のある世代です。

  • 第32回卒団生(平成25年度)

    低学年時は人数が5人しか居なくこの先どうだろうと思いましたが、卒団時には17名となり招待試合・公式戦で良き思い出を残した年代でした。
    セルジオ杯3回目優勝

  • 第33回卒団生(平成26年度)

    父兄及び選手の連携がとても取れている代でした。低学年から高学年に上がるにつれ、サッカーの技術向上が最も見られ成績も公式試合と招待試合で準優勝7回と優秀な成績を残しました。また、北浦和主催サマーフェスティバルで沖縄の志真志FCとの交流が深まり、大宮西として始めて沖縄遠征を行いました。

  • 第34回卒団生(平成27年度)

    一学年で16人いた代で、3年生でさいたま市北部優勝し、6年生では、 さいたま市北部卒団大会で準優勝を達成し、とても技術レベルが高いチームでした。イベントでは、夏合宿で鹿折FCとの交流から被災地 気仙沼での合宿、12月には志真志FCとの交流から沖縄遠征(初めて母達も帯同)も行ないました。

  • 第35回卒団生(平成28年度)

    低学年時は人数が少なく、徐々に増えて、高学年になるにしたがって成績が残せた世代です。おとなしい子が多かったですが、みんな楽しんでサッカーをしていました。

© 2018 Omiya Nishi S.S.S All Right Reserved.