チーム紹介

Graduate卒業生紹介

卒団生記念写真

※写真をクリックすると拡大します

■ 第1回卒団生(昭和57年度)
第1回卒団生(昭和57年度)
この代は立ち上げたばかりで試行錯誤の連続でした。
■ 第2回卒団生(昭和58年度)
第2回卒団生(昭和58年度)
続く2年目も同じように苦労した時代です。
■ 第3回卒団生(昭和59年度)
第3回卒団生(昭和59年度)
このあたりより成績も残ってくるようになりました。

■ 第4回卒団生(昭和60年度)
第4回卒団生(昭和60年度)
人数も増え成績も残り、団としても軌道にのってきた世代です。
■ 第5回卒団生(昭和61年度)
第5回卒団生(昭和61年度)
県南大会にも進むようになり、強いチーム作りが出来た世代です。
■ 第6回卒団生(昭和62年度)
第6回卒団生(昭和62年度)
人数も多くなり、女子も参加するようになりました。

■ 第7回卒団生(昭和63年度)
第7回卒団生(昭和63年度)
いい子が揃った世代で、男子チームと女子チームに分かれて活動しました。
■ 第8回卒団生(平成元年度)
第8回卒団生(平成元年度)
大久保君、野中君、二ノ宮君、大塚君を中心に強くていいチームでした。高校にあがっても活躍した子が多かったです。
■ 第9回卒団生(平成2年度)
第9回卒団生(平成2年度)
チームとしてはけっして強くはなかったのですが、頑張る子が多く長くサッカーを続けている世代です。コーチ陣も大変勉強させてもらった世代です。

■ 第10回卒団生(平成3年度)
第10回卒団生(平成3年度)
6年生の後半にとてもいいチームになった世代です。
■ 第11回卒団生(平成4年度)
第11回卒団生(平成4年度)
メンバーが揃わなくて苦労した世代です。しかし、子供達はいつも一生懸命で長くサッカーを続けている子が多い世代です。コスモスリーグに参加したのもこの世代です。
■ 第12回卒団生(平成5年度)
第12回卒団生(平成5年度)
メンバーが揃っていて成績も十分に残した世代です。

■ 第13回卒団生(平成6年度)
第13回卒団生(平成6年度)
最初は、そんなに強いチームではなかったのですが、頑張り屋が多く5~6年生で伸びて成績を残したことが印象的な世代です。
■ 第14回卒団生(平成7年度)
第14回卒団生(平成7年度)
田中君、石山君、河合君、大橋君、阿部君を中心にまとまっていたので、成績も残した世代です。本当に、よくまとまっていたという印象が強い世代です。
■ 第15回卒団生(平成8年度)
第15回卒団生(平成8年度)
ここは、岩本君を中心にまとまり成績を残した世代です。

■ 第16回卒団生(平成9年度)
第16回卒団生(平成9年度)
人数も多く強いチームでした。個人能力が高い子が多く、そして良くまとまっていたチームです。
■ 第17回卒団生(平成10年度)
第17回卒団生(平成10年度)
キーパの市川君が印象に残っているチームです。市川君を中心に成績も残しています。
■ 第18回卒団生(平成11年度)
第18回卒団生(平成11年度)
人数はギリギリでしたが、よくまとまっていて5回生に匹敵するくらい強いチームでした。特に春秋連覇は圧巻でした。

■ 第19回卒団生(平成12年度)
第19回卒団生(平成12年度)
25周年記念式典の日に高校の選手権準決勝で国際学院のFWとして頑張っている柿沼君がいるチームです
■ 第20回卒団生(平成13年度)
第20回卒団生(平成13年度)
人数がたりなくて苦労した世代です。
■ 第21回卒団生(平成14年度)
第21回卒団生(平成14年度)
岡田君、山田君、小嶋君の三人が中心となりまとまっていたいい世代です。

■ 第22回卒団生(平成15年度)
第22回卒団生(平成15年度)
なんといっても最後まであきらめずに、最後の最後で優勝を勝ち取ったのが印象に残っている世代です。
■ 第23回卒団生(平成16年度)
第23回卒団生(平成16年度)
たった一人の卒団生でしたが、下の五年生をまとめいいチーム作りをしました。
■ 第24回卒団生(平成17年度)
第24回卒団生(平成17年度)
人数が多く、それでいてよくまとまった世代でした。成績も十分に残しました。

■ 第25回卒団生(平成18年度)
第25回卒団生(平成18年度)
サッカー馬鹿が多い世代で、朝練の出席率がとても良く面白い世代でした。
■ 第26回卒団生(平成19年度)
第26回卒団生(平成19年度)
マイペースな子が多く、成績もマイペースなところがありましたが、この世代もサッカーを続けいてる子が多いです。
■ 第27回卒団生(平成20年度)
第27回卒団生(平成20年度)
人数も次第に揃っていき、それに伴い成績も残せた世代です。

■ 第28回卒団生(平成21年度)
第28回卒団生(平成21年度)
人数は少なかったですが、それぞれが個性的で、サッカーの個人能力が高かったです。
セルジオ杯初代優勝
■ 第29回卒団生(平成22年度)
第29回卒団生(平成22年度)
六年生の人数が充実しており、それなりの結果を残せた世代です。
セルジオ杯2回目優勝
■ 第30回卒団生(平成23年度)
第30回卒団生(平成23年度)
6年生の横の連携がとても取れている世代でした。
■ 第31回卒団生(平成24年度)
第31回卒団生(平成24年度)
6年生公式戦秋季大会で県南大会まであと一勝まで勝ち進んだ技術のある世代です。
■ 第32回卒団生(平成25年度)
第32回卒団生(平成25年度)
低学年時は人数が5人しか居なくこの先どうだろうと思いましたが、卒団時には17名となり招待試合・公式戦で良き思い出を残した年代だでした。
セルジオ杯3回目優勝
■ 第33回卒団生(平成26年度)
第33回卒団生(平成26年度)
父兄及び選手の連携がとても取れている代でした。低学年から高学年に上がるにつれ、サッカーの技術向上が最も見られ成績も公式試合と招待試合で準優勝7回と優秀な成績を残しました。また、北浦和主催サマーフェスティバルで沖縄の志真志FCとの交流が深まり、大宮西として始めて沖縄遠征を行いました。
■ 第34回卒団生(平成27年度)
第34回卒団生(平成27年度)
一学年で16人いた代で、3年生でさいたま市北部優勝し、6年生では、 さいたま市北部卒団大会で準優勝を達成し、とても技術レベルが高いチームでした。イベントでは、夏合宿で鹿折FCとの交流から被災地 気仙沼での合宿、12月には志真志FCとの交流から沖縄遠征(初めて母達も帯同)も行ないました。

Menu

携帯電話からでも
アクセスできます。